ペンギンモバイルへ乗り換えの前に注意。違約金軽減策?

 

格安SIMに乗り換えるときにいくつか注意することがあります。

解約違約金もその一つです。

 

気をつけないと以前と同じ高額な違約金 9,500円(税別)をとられてしまうことになってしまいます。

 

ご存じのように、少し前の2019年10月1日に施行された改正電気通信法により、解約違約金の上限は、1,000円となっています。

 

しかし、10月1日からすべての人が、解約しても以前のように高額な違約金 9,500円を取られなくなったわけではありません。

 

それぞれのキャリアによって対応が違いますのでよく注意して確認しておきましょう。

 

 

1.まずこの心配から除外されるのは、

 

本当に2019年10月1日以降に新プランで契約した人、または、9月からの契約であっても、同様に法令に対応したプランとして10月1日より前に申し込みができましたので、それに申し込んだ人です。

 

2.auとSoftbankに契約している人

 

どちらも改正電気通信法に適応したプランに乗り換えれば、翌月からプランが変わります。すなわち

解約違約金の条件も変わるのです。

 

 

 

 

実際のauの解約違約金は1,000円です。また、Softbankの解約違約金は0円ですので、違約金の負担がかからないということです。

 

3.ドコモに契約している人

 

ドコモは、現時点で契約しているプランが2年契約であれば、その契約月を含む3か月間だけが解約違約金が0円になる月ということで、10月1日以前からのプランの時の対応と何も変わりがありません。

 

そして、auやSoftbankのようにプランを変えた翌月から違約金1,000円が適応になるわけではありません。

 

しかし、新プランに変更かつ以前の契約月を過ぎた時点で、新プランの解約違約金1,000円が有効になります。

 

ですので、乗り換えを検討していて契約月が近いのであれば、そのタイミングを待つのがいいかもしれません。

 

逆にまだ半年以上の期間がある場合は、乗り換えによる毎月のスマホ代と現在のスマホ代の差を考慮してどちらが得か計算してみるといいと思います。

 

乗り換えの時にかかる違約金9,500円より乗り換えた毎月の差額の方がメリットが出れば、早く決断して乗り換えた方が得だということになるでしょう。

 

例えば、仮に2,000円の差額が出るとすれば、5ヶ月経てば10,000円の差額が出るわけですから、

単純に、6カ月以上も現状の高いスマホ代を払っている方が違約金を払うより損をするということになります。

 

まとめ

 

現在、キャリアのプランでスマホを使用している人の場合は、上記の3種類の状況が想定されます。

 

プラン変更は、それぞれのショップに行って1台10~15分程度の作業で変更してもらえます。また、電話でもプラン変更は可能ですのでその場合はそれぞれのサポートセンターへ電話してみてください。

 

現在契約しているプランを知り、事前に手を打っておけば、格安SIMに乗り換えるときに、高い解約違約金を無駄に払う必要がなくなります。

 

必要に応じて確認し行動してみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーー

【編集後記】

乗り換えることが面倒だと思うことも、なかなかキャリアを離れられない理由でもあると思います。

 

しかし、実はそんなに難しくありません、

 

何をやればいいのかがわかっていれば、一つ一つ淡々と作業を進めて、

 

その先には月々の支払金額が減り、

 

浮いたお金を他のことに使うことができる。

 

少しでも家計に余裕ができるのではないでしょうか?

 

これからも、皆さまが乗り換えようと思ったときに、

 

淡々と乗り換え作業ができるように、ポイントをひとつひとつ紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です