節約から副業へ!権利収入という考え方

副業や兼業の時代に入ってきました。サラリーマンの皆さんは何かに取り組まれていますか?

世の中では、不景気による倒産だけではなく、高齢化による継承問題や人員不足で廃業せざるを得ない会社まであるようです。会社が「ずぅ~と安泰」だなんてことは期待できない世の中です。

そうかと思うと、たとえ会社が安泰でも、年功序列の崩壊とか、年を取るとは効率が悪いからとかもあり、45歳でリストラ対象だ!なんて話もネット上では出ているような時代でもあります。

 

本来、サラリーマンは、毎月きまった日に予定通りの給料が貰えます。そこが魅力のひとつでもあります。

だからこそ、定年退職すると、そこからはピタリとお金は入りません。年金が期待できない現代では、この状況で定年後の準備を何もして無いと、あっという間に貯金を食いつぶしお金に困る老後の姿になるのが目に見えるようです。

貯金がそこそこあっても、収入が無いわけですから、そうなる時間が先延ばしになるだけで、長生きすれば徐々にその日はやってきます。

 

では、どうなっていたら老後の心配をしなくていいと皆さんは考えますか?

答えはとても簡単です。

サラリーマンの時と同じように、安定して毎月毎月お金が入るような状況であれば大丈夫ですよね。年金だけでは厳しいと言われていますので何かの準備をしとくべきだと思います。

退職するその時になって、慌ててもそう簡単に毎月毎月お金が入る状況を作ることは難しいと思います。

ゆえに、サラリーマンをしている今のうちに準備しましょうというのが、国の掲げている働き方改革の中で副業・兼業のすすめをしている部分でもあります。

そう、現代のサラリーマンは、給料以外の収入の柱を少しでも早く考えて取り組んだ方が良いのではないでしょうか?

そうは言っても手段もいろいろあります。

あなたに合ったものを選択して取り組めば良いと思いますし、1つに絞ることもないと思います。収入の柱は多い方が良いですから。

 

例として、副業を選定するにあたり収入を貰う仕事を分類して考えます。

収入の発生の仕方で分類すると以下の2つになります。

 

  1. 労働収入
  2. 権利収入

 

労働収入は、サラリーマンの給与もそうですが、提供した労働に対し1:1でもらえる収入になります。決められた労働時間で一定の労働をした分だけがお金になります。

 

逆を言えば、時間を短くしたり、労働をしなかったり、休んだりすると、その分は貰えるお金は少なくなります。

 

権利収入とは、1回の労働や成果確定で継続して複数回ある収入になります。1:複数回です。

  1. 不動産収入
  2. 印税、利息、株式配当
  3. 流通(アフィリエイト、ネットワークビジネス等)
  4. フランチャイズ(多店舗展開)

などがこれに当たります。

 

分類してみて考えますと、労働収入だけに頼るのはとてもリスクが高いと思えてきませんか?

会社の倒産や自分の病気もそうですが、先ほど危惧したように定年退職した時も労働が提供できなくなるわけですから、ピタリと給料が貰えなくなります。

 

権利収入は、収入の柱として是非ほしいところです。

とは言っても、上の1~4中で副業としてすぐ取り組めそうなのは、3番のアフィリエイトやMLMくらいです。

 

アフィリエイトは、お金はかけなくても始められますが、それなりのノウハウが必要で、収入を得ることができるようになっても、急にアカウントを無効にされたりすることがあるのでリスクもあります。

 

MLMの多くは、初期費用が何十万円とするものや在庫を持つものも多く、案件の選定が難しいです。

サプリメントとかだと効果・効能が人により違うので勧めにくかったりもします。

 

ではどうすればいいの?

 

私のおすすめは、もちろんペンギンモバイルの代理店です。

 

ペンギンモバイルもMLMの分類になりますが、以前記事にした「【MLMのあるあるは解決】ペンギンモバイルに太鼓判!」で書いたように、MLMとは思えない案件です。

 

一般社団法人日本自由化事業協会の方針が素晴らしいので、キャリアからの乗り換えの人は、節約ができた上に、なお且つ、その範囲内で代理店ビジネスが始められるような条件になる人も多いと思います。

 

とてもオススメです。一緒に権利収入を構築していきませんか?

 


編集後記

 

私は、代理店になって1年ちょっとですが、6人の仲間は繋がってくれましたので、

スマホ代を支払う側から、少し貰う側に入りました。

 

節約の域を少しこえて、結果的にスマホ代が基本料金より安くなってることになります。

 

これからもっと格安SIMの良さが認知されていくと思われますし、ガラケー(3G)の提供終了によるスマホへの切り替えの人もいますので、広げていくチャンスは多いと思います。

5Gも随時提供されていきますので、そちらの料金もキャリアに比べてどのくらい安くしてくれるか楽しみです。

 

私自身のビジネスも、節約から副業と言えるレベルへシフトしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です