【権利収入の相続】家族へ残す保険のようなもの

ペンギンモバイルの権利収入の優位性は他でもお話していますが、

これって、見方を変えると生命保険の死亡保障のようなものに見えてきます。

 

1.もし私が死亡したら権利収入は息子へ相続できるか?

ペンギンモバイルの概要書面にはこう書かれています。

 

「会員は第三者にその地位を譲渡することはできません。

但し、会員が死亡したとき、または当社が権利の継承が正当であると判断した場合、2親等以内の家族に限り、会員登録の条件を満たすことにより継承を認めます。」

 

すなわち、死亡した際に手続きをとれば、2親等以内の家族には相続が可能なのです。

 

父が頑張って安定した権利収入を得ることができたという喜びを、息子にも継承できるのです。

 

そして、大げさかもしれませんが、この権利は父(私)の頑張りによっては家宝級のものになる可能性もありますよね。

 

って自分がもっと頑張らなければならないですが (笑)

 

2.相続税はかかるの?

 

権利に対して税金ってかかるの?というところだと思いますが、「権利」ですからかからないと考えられると思います。

 

おっと!税金のことは難しく、税理士でもないのに税のことをレクチャーすることはできないので、これ以上詳しくは書きません。

 

他で「権利収入」「相続税」でググってみてください。すぐ出てきます。

 

まあ、相続税がかからない相続物になるとすれば、妻や息子に残すには最高の遺産です。

 

3.そうなると分割で貰える生命保険みたい!

考えてみてください、私が死んでもペンギンモバイルの権利収入を妻か息子が受け継いだとすると、

毎月私が貰っていた金額と同じ金額が妻か息子の手に入るのです。

まだ今の私は少ないですが(笑)

 

毎月!毎月!!

 

分割の死亡保障みたいで、良くないですか?

生前に権利収入を増やしておけば、心おきなく死ねます。そう簡単には死にませんが。

 

これが、日用品やサプリメントの権利収入であれば、継続性(リピート率)を心配するので、目減りしていかないか?とても心配ですが、

 

ペンギンモバイルは格安SIMですから、

毎月毎月継続して使うスマホですから、

4G、5G、6G…と変わっていくかもしれませんけど、

皆さん電話番号は変えたくないから、本体のスペックや料金プランが変わってもそのまま使いますよね。

続きますよ!継続します。   …きっと。

 

そして、私はあと30年くらいで死んでしまうかもしれないけど、

その時に貰えている権利収入はその先ももう30年くらいは続きそうな気がします。

 

今18歳の人が70歳になるくらいまでは十分に使ってそうじゃないですか?

 

とにかく、死んだ後も権利を継承して次の世代に入り続ける可能性の高い、そして息の長い権利収入と思います。

 

 

4.まとめ

結論としては、息子に言われました。

「父、頑張れ!」

 

う~ん。 なんか納得できませんが、

まあ、頑張れば自分も豊かになりますからね。

 

もっともっと代理店として頑張らなければと思うのでした。

 


編集後記

最近、妻も息子も応援してくれます。

 

代理店を始めた最初は、妻も息子も私が何をやっているのか?

代理店とは何なのか?が分からず、少し反対していました。

 

最近は、応援してくれます。

 

もしや、相続目当てか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です